MENU

事故車を売る場合の査定店の選び方

事故車売るならどこが高く買い取ってくれるのかって気になりますね。

 

 

ただ、事故車だと、買取店選びを間違えるとタダ同然、もしくは処分費が必要です!
なんて事もあるので査定先の選び方はとっても重要です。

 

 

もちろん、査定先さえ合えば、事故車でもお車の状態によっては
10万、20万ポンポン付く場合もあるんですよ。

 

 

『それで、どこが一番高く買い取ってくれるの?』

 

こういう時こそ、無料の一括査定サービスを活用すべきなんです。

 

 

(全国で専門の業者200社以上が参加中の大手のカービューなら、事故車の複数比較による高額買取も可能なので、
とりあえずの査定額だけでもチェックしてみましょう。)

 

 

ただ単に、事故車といってもタイプは2種類あり、

 

修理をしていないそのままの状態のお車は事故現状車、
修理してある車は事故修復車になります。

 

どちらが高く売れるのかは買取業者による取り扱いの得手・不得手も関係してきます。

 

 

たとえば、
事故現状車であれば、解体して部品だけを流通できる事故車・廃車買取の専門店に売る方法がお勧めですし、
修復車であれば、そのまま売却できる中古車買取の業者が高く売れる可能性があります。

 

 

たとえ、どちらの事故車であっても、一社だけの査定で済ませてしまうのはもったいないんです。

 

 

多少は相場よりも下がりますが、中古車屋でも買い取りは可能ですし、
買取店によっては、オークションで高額取引されていたり、海外輸出やまた、資源として再利用する会社まで様々です。

 

 

事故車だから価値が無い、処分費用がかかるというのは大間違いでその車の価値が分かる
ところに売却することがもっとも高く売る方法なんです。

 

 

さらには、得意とする車種やメーカー、グレードに至るまで買取店によっては異なるので、
その分、料金が大きく変わる事があるのが、車の査定額です。

 

 

だけど、一社ずつどこが高く売れるのかと、電話をして査定をしてもらうのは、とっても大変ですね。

 

 

こんな時こそ、無料の一括査定サービスを活用し、業者間の価格競争によって一番の最高額を叩き出してみて下さい!

 

今、ご利用者の多い無料の車一括査定サービスはこちら『全国対応』

カーセンサー

カーセンサーは買取店が一括査定の中でも、もっとも多い500社以上が参加しているので事故車でも高く買い取れるショップを見つける事も可能です。

 

チェック査定先では、事故歴として直していない未修復と、直してある修復済み車の両方から選べます。

 

査定先のショップが一覧で表示され、選べる機能も付いているため、少数の会社に絞り込む事も可能です。

 

ただ、事故車の場合は出来るだけ多くの買取店に査定をしてもらうのが高額査定を出すポイントです!

 

買取業者数No.1!
カーセンサーを詳しく⇒⇒

 

かんたん車査定ガイド

チェックかんたん車査定ガイドは、概算価格もすぐにわかる無料サービスです。

 

優良企業のみが参加中で、大手を含む50社の中から最大で10社までの比較が可能です。

 

また、期間限定で10万円がもらえるキャッシュバックキャンペーンもやっています。

 

かんたん45秒で完了!
かんたん査定を詳しく⇒⇒

 

カービュー事故車一括査定

事故車専門の一括査定サービスはカービューは、400万人以上のご利用実績がある人気のサービスです。

 

事故車のような車はご近所だけで買取先を見つけるのが難しいのが現状です。

 

しかし、カービューは全国の専門業者のみが参加しているので積極的に役立てて下さい。

 

専門業者200社の中から最大で8社まで比較が可能です。

 

事故車のための一括査定サービス!
カービューを詳しく⇒⇒

 


 

全てのサービスは無料で査定が出来ます。料金が合わなければ売却する必要もありませんので、相場を見るためのご利用でも大丈夫です。

 

ディーラーなどでお金を払って処分してもらう選択肢は、売れなかった場合に最終的な方法として決めれば問題ありません。

事故車ってどこから?修復歴車?交換車?

どこから事故車として判断されるのかって車に詳しくないと中々難しいですよね。
買取額も下がってしまうので気になるところです。

 

事故車といっても修復歴車もあれば、ただの交換車の場合もあります。

 

大きく査定額が下がってしまうのは、修復歴車の場合で、交換車であれば微々たる金額です。

 

 

修復歴はパッと見で判別できるのではなく、車のチェックポイントを一つずつ確認して行くことで分かります。

 

 

事故車の修復歴があるかを確認する場所

 

@コアサポート
Aメンバ
Bフロア
CABCピラー
Dトランクフロア
Eフレーム
Fルーフパネル

 

この部分にフレーム修正機を使用した跡や、しわが付いているか確認をすることで修復車であるかの確認を行います。

 

フレーム修正機は、曲がった骨格部分にフックを引っ掛けて、強い力を掛けてまっすぐに直したり、凹んだ部分を引っ張ったりして直すため、必ずその痕跡が残ってしまいます。

 

その跡が無いかを査定士がチェックして行き、点数を付け、査定額が決定します。

 

 

フレーム修正跡以外では、

  • ボンネットやトランクに隙間が無いか、
  • 車を正面や後方から見た場合に左右対称になっているか
  • ナンバーの歪みや、ある箇所だけカラーが変色していないか

を細かく見ていき判別して行きます。

 

 

また、ドアにぶつけられ大きくへこんで交換した場合でも、フレームが歪んでなければ交換車となり、査定額にはさほど響く事はありません。

 

買取店では、JAAIが行う試験に合格した査定士が査定に来るので事故車は誤魔化せません。

 

 

 

どうして安くなるの?

 

車の骨格部分が修理されると、車自体の基本的な構造が弱くなり、今後また修理が必要になったり、まっすぐ走らない、片方のタイヤだけ減りが早いなど様々なトラブルが予想できるため安くなってしまうという訳です。

 

 

下がる金額として、100万円で買取出来る車ではあれば30から40万程度が減額されます。

 

車の買取相場は、最寄りの買取店で調べる事もでき、
たとえば、販売価格が100万円であった場合、買取額は60万〜70万程度で、そこから修復車として30万引きで大体30万〜40万が目安になります。

 

もちろん事故の程度やその車の人気度合いや、各社の取り扱い車種によっても金額は大きく異なるので、複数査定は必須です。

 

どうして事故車でも売れるの?

事故車でも部品の再利用が出来る

 

チェック事故車でも売れる理由の一つとして、部品の再利用の価値です。

 

事故を起こしても、全ての部品が利用できない訳では無く、損傷していない箇所も必ずあります。

 

現在では、リサイクル技術の向上により再利用できる箇所は99%にも上っており、

  • バンパーや
  • トランク
  • ミッションから
  • エンジン
  • フロントガラス
  • 鉄やアルミ

といった主要部品から資源に至るまで再利用が可能なんです。

 

特に事故で損傷しやすいバンパーなどは流通頻度も高く、需要もあります。

 

リビルト品(中古再生品)としての再利用ができ、定価よりも3分の1程度と車を安く直せるため、消費者にも喜ばれています。

 

 

チェック次に海外での国産車の信頼度の高さです。

 

日本車の信頼

 

国内では事故車と聞けば誰でも敬遠しますが、海外では、日本車のブランド力や安心感が認識されています。

 

特に後進国のアジアやアフリカでは、事故歴のある車でも問題なく取引され、また国内の多くの企業が進出するまでに至っております。

 

売却するお車の車種によっては、海外での需要も変わってきますが、

 

人気車種としては、

  • ハリアーなどのSUV車
  • ランクルといったRV車
  • ハイエースなどワゴン車
  • トラックなどのダンプカー

 

などなど、買い取って海外輸出するほどですから、どれだけ利益を出せるかが分かりますね。
ただし、過走行車や低年式のセダン車は、関税の方が高く付く事が多いので、海外輸出には向かず、国内で廃車となる事が多いです。

 

もちろん、上記の車種は国内でも人気があり、また軽自動車は売買の回転が早いため買取の値段が高くなる傾向にあります。

 

 

チェック事故車でも、還付金が戻ってきます。

 

還付金が戻ってくる

 

還付金とは、車の廃車登録を行った時に戻ってくるお金です。

  • 自動車税や、
  • 重量税、
  • 自賠責保険

が対象になります。

 

売却時には、自動車税を買取業者より返金してもらわなければいけませんし、
重量税や自賠責保険は、末梢登録時には戻ってくるお金です。

 

 

事故車でも価値がありますから、手続き費用で相殺だとか、0円で代行しますの言葉はうのみにしないようにして下さい。

 

 

もし、廃車にする場合は、資格を持った専門業者しか部品を取り外したり、不要な部品を処分したりする事はできません。

 

専門業者以外に依頼した場合では、余計なマージン(仲介費)が発生したり、無料で引き取り後に他社に売却もしくは店舗で販売、また手続き代行費や引き取り手数料(レッカー代)として逆にお金がかかる場合があるので注意が必要です。

 

(車の売買自体をする機会が少なく、ややこしい点も多いですね。
だからこそ知らず知らずに損をする事が多いので、今現在の相場を知るためにも、念のため複数社での査定をされる事をお勧めします。)

更新履歴