MENU

専門業者とパーツ取りはずしではどっちが高く売れるの?

事故車を売却する場合、専門業者に買い取ってもらう方法と、自分で部品を取り、それを売る方法の2通りがあります。

 

 

例えば可能な限り部品を取り除き、車体のみを解体業者に引き渡し廃車にする方法です。

 

 

ただ、一般的には専門業者に買い取りしてもらう場合が多く、余程車に詳しくない限り自分で部品を売る方はさほど多くありません。

 

しかし、専門業者の査定で数万円と言われた事故車でも、部品を取って売ればトータルでそれ以上の金額になることもあります。

 

 

 

部品を売るには、ネットオークションか車の中古パーツ販売店に売却する方法があります。

 

 

オークションは自分で売る部品を好きに決められます。

 

 

一方のパーツ販売店で買取可能な部品は、主に

  • カーナビ、
  • タイヤ、
  • ホイール、
  • マフラー、
  • エアロ

 

などの外装パーツです。

 

 

基本的にバッテリーやブレーキパッドような消耗品は、劣化具合によって売れるかどうかが変わります。

 

ですが、すでに耐用年数を過ぎた廃バッテリーでも、専門の買取業者は存在します。

 

 

高額で売却できる部品はホイールやタイヤ、マフラーなどがあります。

 

通常の車買取では社外品がマイナス査定になることも珍しくありません。

 

しかし、部品の場合は社外品のほうが高額で売れることもあります。

 

 

特に大手パーツメーカーや人気のメーカーの部品なら、高く売却できることも少なくないのです。またこれらに関わらず、希少な部品であれば高額で売れることがあります。

 

どの方法が高いのかは無料査定を試してみてからでも遅くはありません。