MENU

一時抹消や還付金制度について

事故車となってしまい、売却や処分先がなかなか見つからない場合でも一時抹消だけは早めに行っておきましょう。

 

この一時抹消とは、一旦自動車の利用を停止する処理の事で、広義的に廃車手続きに含まれます。

 

 

 

 

資産としての車体を保持しつつ、乗らずに保管するという手続きになり、その場合は自動車税の対象外ですし、ナンバープレートがないため運転することができず、自賠責保険に加入している必要もありません。

 

 

還付金は永久抹消でしか戻ってこないと捉えている方が多いですが、車両を手元に残す一時抹消であっても自動車税と自賠責保険は還付されます。

 

 

還付金について

 

まず自動車税ですが、一時抹消手続きを行った翌月から年度末までの分として計算されます。

 

そのため、3月に一時抹消手続きを行った場合の還付金はありません。

 

還付は現金ではなく為替や小切手になります。これは地域によって異なります。

 

ゆうちょ銀行の為替であったり、その地域の都市銀行の小切手であったりと、手続きを行うエリアで差が出ることになり、過誤納金還付通知書兼支払案内という名前の書類が届くことになります。

 

 

続いて自賠保険ですが、これは自身で解約しなければいけません。

 

一時抹消を済ますだけでは解約になるわけではないので注意が必要です。

 

強制保険とはいえ、必ずどこかの保険会社で手続きを行っているはずですので、その保険会社に解約の旨を連絡します。

 

 

解約申請日から満期の日までを加味した払い戻り金が発生します。

 

注意したいのは放置していると満期になるまで加入したままになるということです。

 

抹消登録のあと、確実に保険会社に連絡することが必要です。