MENU

還付金についても知っておくと、戻ってくるお金が誤魔化されずに済みます。

事故車を売却や譲渡、もしくは廃車にした場合は還付金についても詳しく知っておきましょう。

 

還付金とは、自動車税、自動車重量税、自賠責保険が残りの有効期限がある場合に戻されるお金の事です。

 

 

 

まず自動車税は、4月1日時点での車の保有者にかかる税金のことを言います。

 

計算方法は、

 

支払った自動車税÷廃車登録をした翌月から3月までの月数自動車税の還付金(端数1円単位は切り捨て)になります。

 

例えば3月に廃車した場合は、月数が0となり還付金は0円となります。

 

また、軽自動車はいつ廃車にしてもこの還付金はありません
4月に廃車にした場合は、丸々1年分が損する事になるので注意して下さい。

 

 

次に、自動車重量税は、車検時に国に支払う国税の事です。

 

計算方法は、

 

支払った重量税÷廃車登録をした翌月から次の車検月までの月数自動車重量税の還付金になります。

 

こちらは軽自動車でも還付されます、また廃車手続き時に(普通車は陸運局、軽自動車は軽自動車検査協会)必要書類を提出しなければいけませんが、受付時に詳しく教えてもらえますので、お尋ねください。

 

銀行口座に手続きから約3ヶ月後に振り込まれますので、通帳と印鑑は持参して下さい。

 

 

 

最後に、自賠責保険は車検時に強制的に加入する事が義務付けられている民間保険です。

 

計算方法は、

 

支払った自賠責保険÷廃車登録をした翌月から次の車検月までの月数自賠責保険の還付金になります。

 

厳密にいえば、自賠責保険は月割りで還付される訳ではありませんが、上記の計算方法でも近い数字が出るはずです。

 

こちらも、手続きが必要で、廃車を行ったという証明書(解除事由証明書、登録事項等証明書、自動車重量税還付申請書)のいずれかが必要になります。

 

手続き後に機関より発行されるので大切に保管しておいて下さい。

 

その書類を自賠責保険で加入している保険会社に提出し還付してもらいます。

 

 

手続きが面倒で業者に一任されている方も増えていますが、確実に返金してもらえる業者を選ぶ事を優先して下さい。