MENU

軽自動車の抹消手続きを行うには?

軽自動車の廃車手続きの場合は、軽自動車検査協会での抹消手続きを行わねばなりません。

 

必要な物は、

 

  • 車検証
  • ナンバープレート(前後2枚)
  • 自動車税納税証明書
  • 認め印
  • 解体報告書

 

となります。

 

解体報告書とナンバープレートは、解体を依頼した業者より受け取るものとなり、それ以外はご自身で持参します。

 

 

解体自体は専門の事業者で行うことができ、この解体報告書には、車体番号と解体報告記録日、そして移動報告番号が記されています。

 

 

廃車手続きを行う場合は、必ずこの解体報告の記された内容が必要になります。

 

 

 

 

また、事業者に廃車手続きを委託する場合も、税金の返納や保険の解約に際して、完了の確認や証明書が必要な場合がありますので、進捗を確認する必要が生じます。

 

 

 

業者に手続きを委託し、後日に実際に廃車にされたか確認する方法としましては、

 

抹消の確認を行うことが必要になるのですが、委託した事業者に確認する方法に加えて自動車リサイクル促進センターが運営しているインターネットサービスで確認する方法もあります。

 

 

この場合、使用済自動車引取証明書、もしくは抹消登録証明書、もしくは自動車検査証返納証明書のどれかが必要になります。

 

 

これらの書類を受け取っていない場合は廃車にされたのか確認する術がなく、さらには税金などの還付金も受け取ることができなくなります。

 

 

最終オーナーであれば必ず受け取る書類ですので、使用済自動車引取証明書をしっかりと業者に発行してもらい、保管しておくことが重要なポイントになります。